世界一周に持っていくオススメの靴はこれだ!!

世界一周に持っていくオススメの靴はこれだ!!
スポンサーリンク

 

昔の記事では実名を非公表だったため、呼び名をニックネームで統一しています。
夫:だいすけ(わっきー)、妻:ちか(もっちー)

 

こんにちは。

だいすけです。(旧わっきー)

初めて世界一周準備編に相応しい内容の記事を書くので緊張してます。

今日は世界一周中の
「靴」の選び方と選んだ理由をご紹介します。

靴の必要性を感じた日

 

学生の時に海外旅行をしていて、靴って本当に大事だな〜。と実感したことがありました。

僕は、2ヶ月間ぐらい海外をうろうろしてときに、履物はクロックスだけで生活していました。

よく欧米人に「便所サンダル」と馬鹿にされたことをよく覚えています。

ある日、ギリシャの島で小高い丘に登っていたんです。

丘の上の方に岩場があって、ぴょんぴょん飛びながら登っていたら、左足がもつれてつま先が岩にぶつかってしまいました。

そしたら、左足の親指の爪が割れてしまい、そこそこ血がでてきて中々止まらないんですよ〜。

こりゃ、困ったな〜。

有名な観光地でもないので、周りには人がいません。
下山の所用時間は通常30分ほどですが、今の足の状態ですと、とてもじゃないですが歩くことが困難です。

片足飛びで5分ほど頑張っておりましたが、
さすがに無理だな〜。と諦めました。

すると、

ゴン!ゴン!ゴゴン!

と大きな音が近くから聞こえてきました。

音のする方向をよーく見てみると、
なんと遠くに人影らしきものが見えました。

ここで僕はよくふざけて使っていた『ある言葉』を本意気で叫びました。

 

その言葉とは

 

HELP ME 〜!!!

 

我ながら渾身の「へるぷみー」でした。
「世界へるぷみーコンテスト」があれば確実に優勝候補だったでしょう。

助けてくれた人は山の中にある崩壊した建物を再建設している作業員の方らしき人で足の指に消毒、包帯、テーピングもらい、なんとかクロックスでも下山できました。

ギリシャの人、助けてくれて本当にありがとう。
下山後すぐに、血の出ている足をビニール袋で縛り、海に飛び込んで「青の洞窟」を見に行ったなんて彼らにはとても言えません。

あのとき、ちゃんとした靴さえ履いていればこんな傷も負わず、周りの人にも迷惑をかけずに済んだのだと反省しました。
なので、旅行先で多少アクティブにハイキングなどするならば必ずしっかりした靴は必要です!

 

ですので、今回は厳選に厳選を重ねて選んだトレッキングシューズをご紹介します。

世界一周に靴っているの?

 

まず、そもそも世界一周中にトレッキングシューズっているかな?と疑問に思う人もいると思います。

例えば、こんな場所へ行くとき必要です。
・エベレストベースキャンプ(ネパール)
・パタゴニアハイキング(アルゼンチン)
・氷河トレッキング(アイスランド)

これらに行くときは多少本格的なシューズの方がいいでしょう。

ちょっとした丘などなら普通の靴やサンダルでもなんとかなります。

しかし、長時間歩く場合などはサンダルよりは確実にトレッキングシューズがあった方が楽ちんです。10kg以上あるバックパックを背負っての移動も多いので、しっかりとした靴があると疲れが軽減します。

ただ、
トレッキングシューズの最もネックなことは

とにかく邪魔!

南国のリゾートはほぼサンダルで過ごすことになるでしょうし、旅行中にトレッキングシューズが必要となる機会はそんなにないでしょう。。
言うなればトレッキングシューズはただのお荷物となってしまいます。

トレッキングシューズは
「重いし、嵩張るし、使用頻度も低い、そのくせ値段は高い」というバックパッカーが嫌がる条件を網羅しています。

ただ、このデメリットを少しでも軽減できるシューズを探しました!

オススメのトレッキングシューズ

 

僕たちはもともと休日にハイキングなどに行くことが多いので、トレッキングシューズを持っていました。

◆大輔トレッキングシューズ

マムート Teton GTXR Men
(持っているのは赤色ver)

・重量 : 約600g(25.5cm片足標準)
・防水 : ゴアテックス®素材を使用
・カット: ミドルカット

ソール(靴底)は有名なビブラムソール使用。
結構ごっつい感じで登山行くだけなら気に入ってますが、何より重い!!!とてもリュックに入れていける重さではありません。

◆千果トレッキングシューズ
モンベル mont-bell GTX ワオナブーツ W’S

・重量 : 470g(23.5cm)
・防水 : ゴアテックス®素材を使用
・カット: ミドルカット

衝撃吸収性に優れた「E・V・A」を採用。
機能などは良いですが、こちらもサイズの割に意外と重い!!

世界一周旅行で
オススメなトレッキングシューズ

 

それなりに今のシューズでも満足はしているのですが、一番の難点は「重さ」

新しいシューズを選ぶにあたって、
僕たちの選定基準の優先順位はこちら。

・第1位  軽いこと!
・第2位  安いこと!
・第3位  足を守ってくれる強度があること!

その辺を踏まえた候補がこちら。

◆MERRELL(メレル) カメレオン5

・重量 : 420g(片足27cm)
・防水 : ゴアテックス®素材を使用
・カット: ローカット

これはかなり魅力的なシューズの1つ!
軽くて嵩張らず、しっかりとしたグリップ力があるので、快適に過ごしやすい靴のようです。
撥水性と通気性に優れたポリエステルメッシュアッパーを採用しているところも高評価です。

高条件ではありましたが、
ローカットな事と個人的にあまりデザインが好きではないので今回は却下。
ミドルカットもありますが、お値段も予算オーバーなのです。。。

◆キーン KEEN Targhee II Mid Shitake

・重量 : 493g(片足27cm)
・防水 : キーンドライ(防水透湿素材)
・カット: ミドルカット
※詳細はこちら

KEENのロングセラーTARGHEE シリーズのミッドカットモデルです。
こちらも魅力的ではありますが、価格の問題もあり却下。
良いシューズはたくさんあるのですが、
やはり「価格」がネックになってきます。

そんな問題も解決してくれた商品がこちら!

◆大輔トレッキングシューズ(New )
Columbia(コロンビア)セイバー3ミッドオムニテック

・重量 : 391g(片足27cm)
・防水 : オムニテック(防水透湿機能)
・カット : ミドルカット

ミドルカットながらこの軽さはかなりの魅力!
僕自身は28.5cmを購入しましたが、それでも「435g」でという驚異的軽さ!
防水性は「オムニテック」という独自開発の防水透湿機能を使用。

そして驚くべきはその価格!
僕は¥8,600ほどで購入できました!
これはかなりコスパが良いです。

◆千果トレッキングシューズ(New )
Columbia(コロンビア)セイバー3ミッドオムニテック

・重量 :332g (片足24cm
・防水 :オムニテック(防水透湿機能)
・カット:ミドルカット

僕の選んだもののレディースモデルです。
こちらも機能と価格の兼ね合いが良かったため決定。
ちなみに購入価格は¥9,200。
サイズが小さいやつの方が値段が高いのだね~。謎

いざ!購入して開封の儀

 

僕たちはColumbiaのトレッキングシューズを第一希望と決めました!
靴はインターネットだけで決めるのは怖いため、試し履きを行いました。
表参道のColumbiaショップで入念にためし履きを行い、格安のネットショップで購入しました。
店員さん、丁寧にご説明いただいたのにすみません。ここで告知しているので許してくださ~い

 

さあ!届きました。
これが僕たちの世界一周を支えてくれるシューズです。

いざ、開封しまーす!!!

◆大輔用トレッキングシューズ

片方の重さは435g(28.5cm)。
このサイズで400g代は驚異的軽さだと思います!

◆千果トレッキングシューズ

片方の重さは345g(24cm)
こちらも非常に軽量であると思います。

実際の履きごごちもとてもよくて、
クッション性があるので疲れにくい気がします。

軽い登山にもオススメですので、
トレッキングシューズでお悩みの方の参考になればと思います~。

このシューズならしっかり足も守りつつも、
アクティブなことを存分に楽しめます!!

世界中をこのシューズで楽しんできますよ~!

 

ブログランキング参加中!
「世界一周準備中」のバナーを
1日1クリックお願いします!

週間のクリック数でランキングが変わります。
応援の程をよろしくお願いします!

さあ、今日は何位かな?


にほんブログ村

いつも見ていただきありがとうございます。
是非、今後も一緒に楽しんでいってください☆

 

世界一周 準備編カテゴリの最新記事