【新着記事】近況報告!ペルーの隔離生活と旅行記再開のお知らせ

ホビット村へ潜入!ロード・オブ・ザ・リングのロケ地はまさにファンタジーの世界だった!

ホビット村へ潜入!ロード・オブ・ザ・リングのロケ地はまさにファンタジーの世界だった!
スポンサーリンク

こんにちは!
新婚旅行で世界一周中のだいすけです!

リアルタイムではオーストラリアでワーホリ中です。

 

前回、ニュージーランド産ミネラルウォーターの7割を生み出す泉で天然水をたらふく飲んだ僕ら。

今回はロード・オブ・ザ・リングのロケ地であるホビット庄へ行ってきます!

 

※ニュージーランドまとめ情報はこちら

 

ブログランキング参加中

このブログを少しでも気に入っていただけたら
「世界一周」のバナーを
「1日1クリック」お願いします!

こちらでのランキングが
ブログ更新を続ける“一番の励み”になります(^^)

今後とも応援の程をよろしくお願いいたします!
今日も一緒に楽しんでいってくださ~い♪


にほんブログ村

 

ファンタジーの世界!ホビットムービーセットへ!

ニュージーランドでは大自然ばかり観光していましたが、今日はNZが誇る観光名所であるホビット庄へやってきました!

※行き方や料金などは最後にまとめて記載しています

 

ここは世界的に大ヒットした「ロード・オブ・ザ・リング」や「ホビット」の映画のロケ地として実際に使われていた村がそのまま維持され、観光できるようになっています!

 

映画を見たことが無い方も一度ぐらいは広告やCMなどで作品名は聞いたことがあるのではないでしょうか?

※ネット上から拝借した画像です

 

 

 

その主人公の故郷の舞台となったのこちら。

 

 

童話の世界が実際に現実にあるなんてわくわくしますよね!

 

 

ここはもともと牧場だった場所をピーター・ジャクソン監督(NZ出身)が気に入ってホビットの村を作り上げたそうです。

ただ、今でも牧場主の私有地扱いなので個人で行くことはできないため、僕らもツアーに参加して訪れてきました!

 

 

ホビット村の拠点の街、マタマタへ!

 

まずそのツアーの拠点となるマタマタという街にあるビジターセンターに向かいます。

もうここが既にロケ地なんじゃないか!?と思うほど、かわいらしいオフィスです。

ここで事前予約していた内容を確認してチケットを発行してもらいます。

 

 

そうすると、ツアーバスがお迎えにやってきます!

 

このバスも「ホビット庄」専用のデザインになっていてテンションが上がります!

 

バスの中では映画「ロード・オブ・ザ・リング」や「ホビット」の映像や撮影風景などの15分ほどのショートムービーを流してくれるのでお客さんたちの士気はうなぎ上りです!!

 

 

いざ!ホビット庄(HOBBITON・MOVIE SET)へ潜入!

 

そうして、やってきました!

ここからはガイドの方に案内してもらいながら、1グループ15~20名程で順々に観光していきます!

 

一歩足を踏み入れると、いきなり世界が一変!!!

 

ホビットの村の世界が一面に広がっています!!!

 

 

 

 

 

映画でみたことあるやつだー!!!!!

と僕は大感動していたのですが、実は千果さんは「ロード・オブ・ザ・リング」や「ホビット」の映画を見たことないらしいのです。

 

事前に二人で予習してこようと思っていたのですが、レンタカー旅行でネットが不安定で映画をみることができませんでした・・・・。

 

 

 

でも、それでもこのかわいい世界感を一緒に楽しんでくれて感謝!

 

 

 

 

 

いろいろ細かいところも見ていくと、小物とかもしっかりホビットサイズで作られていてかわいいです。
比較対象が無くてわかりにくいかもしれませんが、全部ホビットサイズの小さめ仕様で作られています。

洗濯物は今でも干しっぱなしでした!笑

 

 

 

 

ここのホビット村には多くのホビットの家がありますが、実は場所によって大きさが結構異なるそうです!

 

なぜかというと、ホビット族を小さく見せて、ガンダルフ(魔法使い)を大きく見せるため!

 

わざと極端に小さめな家を作って、ガンダルフから見るとホビット達が小人に見えるような工夫がされていたんですね。

 

自称156cmの千果氏。

 

 

 

 

ここが映画の主人公であるフロド・ビルボが住んでいたお家です!

この村は基本的に自然の植物でできているのですが、この家の上にある木だけは人工的につくられたものだそうです。

リアルすぎて言われないと気づかない程の完成度の高さです。

 

 

 

 

 

こちらはフロドの親友、庭師のサムの家!(第一作目)

 

ただ、引っ越しをしているらしく、こちらは第三作での新しい家!

 

一見似ているので違いがわかりにくいですが、サムの好きな色が「黄色」ってことはわかりました。

 

 

 

ホビット村を歩いていると、どこもかしこもかわいい家だらけです!

 

この家の煙突からは煙が出ていました!

まるで、今もホビットがここで生活しているのかな!?とワクワクするような演出もしてくれています。

 

 

 

 

 

ここは扉の中まで入れる写真スポットです!

ただ、扉の奥はすぐ壁になっているので室内の雰囲気を楽しむことはできません。室内撮影はウェリントンのスタジオで撮っていたそうです~。

 

 

ガイドのお姉さんがみんなの写真を代わる代わる撮ってくれました。

 

 

更に進んで行くと、
映画内でパーティーをやっていた広場が見えてきます。

 

この木がこの村のシンボルでもあるパーティツリー!

うねってる枝はさすがに人口的なようでしたが、木自体は本物で樹齢90年~100年と言われています。

 

因みに監督は湖沿いにある大きな木と起伏のある広陵が気に入って、ホビット村のロケ地に決めたそうです。

 

 

 

 

 

のんびりした雰囲気がとってもいいですね~。

奥に見える橋は渡ることができます!

 

 

 

ここには水車小屋もあります。

 

こういう提示板みたいのもかわいいですね。

 

 

橋を渡りきると、

 

ホビット達の憩いの場であったパブ ”グリーンドラゴン”があります!

こちらも室内はスタジオ撮影だったそうですが、後に改装して内部の装飾も忠実に再現されており、今は内観も楽しめます。

 

 

いざ、入ってみると・・・

 

うおぉぉおお!!!!

なんだかとっても良い雰囲気!!

 

 

因みにここではホビット達が飲んでいたようなクラフトビールやちょっとした軽食が楽しめます!

ツアー料金に一人一杯が含まれているので、僕らももちろん注文!

 

未成年や運転手の方はノンアルコール飲料も注文できるので安心です!

 

 

室内は結構広いので、ツアー客は各々楽しんでいるようでした。

 

 

室内を見渡していると、細部の装飾や暖炉なども忠実に再現されていて、とっても素敵な雰囲気です。

 

入り口の反対側の木には装飾が施されていました。

 

 

 

最後はみんなでギフトショップへ!
ここもホビットの家のような作りで徹底されていますね。

 

入り口にある装飾も本当に色々ときめ細かくて感心します。

 

 

ギフトショップとして普通のお土産が売っているのですが、隅々にホビットの生活を垣間見れるような装飾が施されています。

オシャレな書斎ですね。

 

ホビット関連のグッズや、ニュージーランドらしいグッズなど色々購入できるので楽しいギフトショップだなと思います。

 

 

ここでツアーは終了です!
みんなでバスに乗ってビジターセンターに戻ります。

 

 

 

ツアーの全体を通してとっても満足のいく内容でした!

今まで映画の中で見ていた童話の世界が現実にあるなんて、とってもワクワクしますよね!

ホビットの世界観を味わえるおすすめの観光スポットなので、ニュージーランドを訪れた方は是非行ってみてくださーい!

ファンタジーの世界を楽しみましょーう!!!

 

次回はニュージーランドで一番の神秘。洞窟にある満天の星空、”ワイトモ洞窟”へ行ってきまーす!

 

 

ブログランキング参加中

このブログを少しでも気に入っていただけたら
「世界一周」のバナーを
「1日1クリック」お願いします!

週間のクリック数でランキングが変わります。
応援の程をよろしくお願いします!


にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク

 

ホビット庄の情報

公式ホームページ

こちらの「公式ホームページ」から予約や詳細を確認できます。

開園・営業時間

・9月1日~4月30日 :9:00~16:30
・12月27日~2月28日:9:00~17:30
・その他      :9:00~15:30

※記載時間はツアー出発時間

入場料金

・79NZ$(約6,000円)/人
(送迎費、ビール一杯、パンフレット(日本語あり)込み)

※2018年2月時点の価格です。現在は84NZ$に値上げされているようです。

ツアーの必要性

ホビット村を観光するためには、ガイド付きのツアーに申し込む必要があります。
個人で勝手に観光することはできません。

ツアーの所要時間

・約2時間ほど

ホビット村自体を観光できる時間は2時間ほどで、お土産を買ったり、ビールを楽しむ時間も含まれています。

 

ホビット村の用語

完全に余談ですが、僕自身がホビット村の呼び方に最初に混乱したので一応記しておきます。

・ホビット庄 = ホビット村のこと。この映画のセット村全体を指します。

・ホビット穴 = ホビットたちの家のこと。

・袋小路屋敷 = 主人公であるフロド・ビルボの家

こんなアホな解説はみなさんにいらないでしょうが、もし ”「庄」ってなんだ??”みたいな同じことを思った方がいらしたら僕がホッとします。

 

ホビット庄への行き方・ツアー予約方法

個人でホビット村へ直接行く方法

ホビット村のあるシャイアレストまで直接自家用車でいくことは可能です。(駐車料金:無料)
ただし、村を観光するにはツアーガイド付きでないとダメなので、その場で申し込むか事前予約をしておく必要があります。
シャイアレストにあるオフィスから数分間だけ専用バスに乗って村へ向かいます。

※「シャイアレスト」はガイドツアーの出発地点という認識でいいと思います。

※公式ホームページから転載(2018年11月時点)

 

マタマタからホビット村へ行き方

マタマタという街のビジターセンターから送迎バスでホビット村へ向かいます。
前述しているシャイアレストへ直接行って申し込むのと料金は変わらないので、バスも楽しめるマタマタからのツアーを僕らは予約しました。
ビジターセンターの横に駐車場(無料)がありますが、ツアー客で混雑しているので時間にゆとりをもって行く方が良いと思います。

 

※公式ホームページから転載(2018年11月時点)

 

ロトルアからホビット村への行き方

ホビット村周辺で最大の街であるロトルアからも公式の送迎付きツアーが催行されています。
料金も上記に比べると少し割高ですが、送迎費などを考えると決して悪くない価格設定だと思います。

 

※公式ホームページから転載(2018年11月時点)

 

オークランドやハミルトンからホビット村へ

ちょっと離れた各都市からツアー会社経由で行くことが可能です。
オークランドやハミルトンからはツアー会社のパッケージプランがあるようですが、200NZ$~400NZ$とかなり割高です。

3人以上の方などはレンタカーで向かう方が良いかもしれませんね。

 

ホビット村へ格安で行く方法

オークランドなどからはツアー会社経由で予約すると過剰に高額なので、そんなときは長距離バス会社「InterCity」のオプショナルツアーで予約されるといいかもしれません。

ここの特徴は乗車地と降車地を異なる場所を選べるところです。そして価格も良心的です。

★下記の価格にはホビット村の入場料も含まれています。

・オークランド → オークランド : 150NZ$~160NZ$
・オークランド → ロトルア   : 130NZ$~140NZ$
・ロトルア   → ロトルア   : 113NZ$

※ハミルトン(往復)、ハミルトン→ロトルアも公式サイトに載っていますが、現在販売を停止しているようです

オークランドからロトルアへ行きたい方には一挙両得なとても重宝する移動手段だと思います。

ただ、一般のバス会社の催行なので料金も時期・日付によって変動しますので、詳しくは「公式ホームページ」をご確認ください。

 

 

 

せっかくニュージーランドに来たら訪れて欲しい場所なので、お時間があればホビットの世界を是非楽しんできてくださーい!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ブログランキング参加中!
「世界一周」のバナーを
1日1クリックお願いします!

週間のクリック数でランキングが変わります。
応援の程をよろしくお願いします!

さあ、今日は何位かな?


にほんブログ村

いつも見ていただきありがとうございます。
是非、今後も一緒に楽しんでいってください☆

 

スポンサーリンク

ニュージーランドカテゴリの最新記事