【新着記事】近況報告!ペルーの隔離生活と旅行記再開のお知らせ

大迫力の自然が織りなす絶景!ミルフォード・サウンド(Milford Sound)へ行くならクルーズツアーがおすすめ!

大迫力の自然が織りなす絶景!ミルフォード・サウンド(Milford Sound)へ行くならクルーズツアーがおすすめ!
スポンサーリンク

こんにちは!
新婚旅行で世界一周中のだいすけです。
リアルタイムはオーストラリアでワーホリ中です!

 

前回、曇天のミルフォード・サウンドの異質な雰囲気に吞まれた僕ら。

※前回の記事はこちら

今日はミルフォード・サウンドのクルーズツアーへ参加してきます!!

 

※ニュージーランドまとめ情報はこちら

 

ブログランキング参加中

このブログを少しでも気に入っていただけたら
「世界一周」のバナーを
「1日1クリック」お願いします!

こちらでのランキングが
ブログ更新を続ける“一番の励み”になります(^^)

今後とも応援の程をよろしくお願いいたします!
今日も一緒に楽しんでいってくださ~い♪


にほんブログ村

 

 

いざ!ミルフォードサウンドへ

 ミルフォード・サウンドとは?
世界遺産であるフィヨルドランド国立公園の中でも最も人気のあるミルフォード・サウンド。
タスマン海に面した海岸線に連なる大小14のフィヨルドの内の一つで、遥か昔に氷河によって削られてできた1,000m以上の絶壁の山々が圧巻の風景として人気を博しています。
年間降水量が6,000mmを超える多雨地帯であり、年間の2/3は雨が降ると言われています。その雨により豊かな森を育み、また岩肌を伝う幾筋もの滝となって海に注ぎ込む姿もとても幻想的です。

 

いざ!楽しみにしていたクルーズツアーへ出発です!!

 

ただ、朝起きてもまだ天気は曇りのまま。。。

一応、天気予報を入念に確認して、今週の中で一番今日が晴れそうだったのにな・・・。涙

 

 

気を取り直してツアーに参加するため、駐車場から歩いて5分ほどでフェリー発着所へ向かいます。

なんなら、夜中に雨降ってたみたいです・・・。号泣

 

 

 

 

僕らは朝の方が晴天率が高いという情報から8:55発のツアーを事前に予約していたので、8:30頃にフェリー発着所に到着しました。

※ツアーの予約の詳細は最後に記載してます

 

 

 

おい・・・。

誰だ。朝の方が良いって言ったやつ・・・(°_°)呪

 

 

 

 

僕らが予約したのは「JUCY」という会社。
レンタカー会社としてもお馴染みの大手の会社です。

 

オフィスでチェックイン手続きだけして、こちらに乗り込みます!

 

 

 

軽食の引換券がとてもオシャレです。
トランプの裏面がニュージーランドの地図になっています。こういうのいいですよね!

 

 

絶景を巡るクルーズツアー開始!

ほぼ定刻の時間に出発です!!

天気は悪くても、せっかくだから甲板の上からみようかな。と思い、最上階に上がると・・・・

 

 

 


めっちゃ晴れてるー!!!!!!

 

 

誰ですか?朝が良いって言ってた人!?
本当にありがとうございます!!!!笑

 

 

急に雲が切れ、青空が全面に広がり、
最高のクルーズ日和となりました!!!!

 

大自然巡る絶景クルーズツアー!

 

いざ!ミルフォードサウンドに出発です!

 

山々に囲まれた入江を進んでいきます。

 

 

山には雲がかかり、これもまた幻想的です。

 

大迫力の滝へ突入!

ミルフォードサウンドは大雨の時は1,000を超える滝が存在するらしいですが、晴天が続くと数ヶ所程度まで減ってしまうそうです。

なので、前日が大雨で当日が快晴がベストってわけです!

僕らの訪れた日は至る所に滝があったのでラッキーだったのかもしれません!

 

晴天の日なので滝のしぶきに映る虹も見えました!

 

 

そんな滝が魅力の一つでもあるので、クルーズ船も滝へかなり近づいてくれます。

 

 

 

滝へどんどん近づいていきます。

 

んん~!良い眺めだ!!!
こんな距離で大きな滝が拝めるなんて嬉しい限りです!

ちょっと水しぶき強いけど、圧巻の眺めです。

 

 

でも、

あれ?なんかめっちゃ近くないか?

 

と思った瞬間、

 

 

案の定、バケツをひっくり返したような滝のしぶきが!!!!

 

 

こういうとき、”人の真価”が試されます。

いきなりの出来事だったので、まずは最愛の妻である千果さんを守らなくては!!!と脳裏で思いつつ、気づいたらカメラだけを必死に守りました。笑

幸い、なんとかカメラを守り切れて安堵です。

 

 

因みにこちらが僕の最愛の妻です。

 

全身びしょ濡れ。笑

 

 

 

滝からなんとか脱出し、更に奥地へ向かっていきます。

 

 

カメラを厳重警戒しないといけないと察したので、
ここからは防水カメラのGoproで動画を取りながら観光を楽します。

 

霧めいた中を進むクルーズ船も幻想的です。

 

自然の宝庫は動物たちの楽園!

のんびり景色を眺めていると、岩場に何かを発見!!!

野生の鹿のようです。
ミルフォードサウンド周辺には野生動物が多い事でも有名です。

 

するとお次に登場したのがこちら!

岩場でくつろぐオットセイたち。
みんな日向ぼっこして愛くるしい表情をしています。

 

写真は撮れませんでしたが、イルカとも出会いました!(千果さんだけが)
なぜか僕は見逃すという最大級のミスを犯しました。こういうところで日頃の行いの差がでるのでしょうか?

 

また、僕らは見れませんでしたが、運が良ければペンギンなども見られるそうですよ!

 

絶景だけでなく、野生の動物たちと高確率で出会えるのも自然豊かなミルフォードサウンドならではかなと思います。

 

晴天と曇天では雲泥の差!

どこを見ても美しい景色が続きます。

 

他の乗船客の方もこの自然が作り出した圧巻の景色にただただ見とれていました。(びしょ濡れのまま。笑)

 

楽しかったクルーズツアーももう終盤です。

 

 

最初から最後まで終始、絶景の連続のクルーズツアーもこれにて終了です。

僕的にはニュージーランドの中でTOP3に入るほどの大感動でした!

 

本当に快晴の日に観光ができて良かった!!

 

昨日、どんよりした天気で撮った写真と見比べても雲泥の差です!

↑ 昨日の曇天の写真
↑ 今日の快晴の写真

快晴の日を選ぶのが難しいと思いますが、是非天気予報を入念にチェックして晴れの日のクルーズツアーに参加してみてください!!

きっと大満足なクルーズ観光ができますよー!!

 

次回はニュージーランドの最南端の街まで行ってきまーす!

 

ブログランキング参加中

このブログを少しでも気に入っていただけたら
「世界一周」のバナーを
「1日1クリック」お願いします!

週間のクリック数でランキングが変わります。
応援の程をよろしくお願いします!


にほんブログ村

 

スポンサーリンク

 

クルーズツアーの予約方法ついて

僕らの予約した概要

【料金】
・NZ$45(約3,350円)/人
※軽食+ソフトドリンク飲み放題つき

軽食のパイ。会社ごとや時間帯によって異なるようです。

【時間】
・8:55出発
※約1時間半~2時間ほどのクルーズ観光

朝から夕方まで一日に何便もツアーは催行されています。
時間帯によって価格やツアー時間も違うので必ず確認することを推奨します。

【出発場所】
どの会社も同じ港から出発します。

 

受付オフィスがある場所の外観

 

受付オフィスがある場所の内観

【ツアー会社】
・「jucy」にて予約
レンタカーなどでも有名な大きな会社なので安心です。
※出発の45分~20分前までに受付でチェックインするようにメールで指示がありました。

その他にも色々会社があるので他の会社でも問題ないと思います。
ただ、会社によって船頭にデッキがない船もあるので、滝に突入したい願望のある方は船の形状について調べた方がいいかもしれません。

 

「jucy」の受付オフィス

 

「jucy」のクルーズ船

 

船内には各国の言語の無料パンフレットも準備されています。

 

ミルフォードサウンドの観光マップ

予約必要性の有無

予約なしでも当日乗船は可能ですが、僕らはツアー催行の二日前に予約を行いました。
晴天率の高い午前中のツアーは埋まりやすく、料金の安いやつは早めにFULLになってしまうので予約しておいた方が無駄な待ち時間がないので安心です。

ただ、天気を優先する場合は晴天になるまで待って当日予約でもいいかもしれません。

また、クイーンズタウンから送迎付きのツアーも出ているのようなので、レンタカー旅行で無い方はそちらを利用した方がいいと思います。

おすすめの予約サイト

ミルフォードサウンドだけに限らず、ニュージーランドでツアー系を予約するならこの割引サイトを使うことをおすすめします!
僕らもここから「jucy」のクルーズツアーを予約しました。

◆サイト名:Book.me

シーズンやタイミングによりますが、かなり安い価格帯のときもあります。
ニュージーランドをお得に旅行するためには必見ですので是非使ってみてください!

 

 ミルフォードサウンドの注意点

乗船中について

晴天でも滝などで濡れる可能性があるので、雨カッパがあるといいかもしれません。
また、夏場でも濡れると寒いのでタオルや着替えなどを持参しておくといいと思います。

他にもメガネだと吹き飛ぶぐらい滝の威力が強いため、コンタクトレンズの方が無難だと思います。

天候にもよりますが、波は静かで船内も大きく揺れないので船酔いの心配などもありませんでした。

ガソリンスタンドについて

レンタカー旅行であれば、ミルフォードサウンドの手前の「テアナウ」という街で給油した方が良いです。

ミルフォードサウンド周辺にはガソリンスタンドがないという情報をみていましたが、実際は給油場はありました。
実際給油を試みている人も見ましたが、実際に可動しているかは怪しいです。
なので、テアナウの街で満タンにしておくことをおすすめします。

ミルフォードサウンドのガソリンスタンド(使えるか不明)

ツアー発着所の行き方・アクセス

◆地図のポイント
①ツアーデスク
②最寄りの駐車場
③最寄りの駐車場

クルーズ発着所の前の駐車所は観光バスなど専用なので、地図の②③の駐車場が最寄りの駐車場になります。昼間には満車になることもあるみたいなので早めに停めることをおすすめします。

 

是非、自然を満喫できる楽しい時間を過ごしてきてくださーい!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ブログランキング参加中!
「世界一周」のバナーを
1日1クリックお願いします!

週間のクリック数でランキングが変わります。
応援の程をよろしくお願いします!

さあ、今日は何位かな?


にほんブログ村

いつも見ていただきありがとうございます。
是非、今後も一緒に楽しんでいってください☆

 

スポンサーリンク

ニュージーランドカテゴリの最新記事