【新着記事】近況報告!ペルーの隔離生活と旅行記再開のお知らせ

美しい棚田を求めて!ベトナムサパの絶景ポイント探しのバイク旅

美しい棚田を求めて!ベトナムサパの絶景ポイント探しのバイク旅
スポンサーリンク

こんにちは!だいすけです。

簡単なご報告ですが、
この度、Instagramを始めました!

 

僕自身、オシャレレベル不足で
TwitterやInstagramをやったことが無かったのですが、今さら恥ずかしながら”インスタグラマー”ってやつになってみました。
なんでしょう、この響き。スーパーオシャレです。

 

今はブログで既に使用した写真を載せていますが、そのうちブログよりリアルタイムに近い写真を投稿していきます。

是非、フォロー(と言うんですかね?)をお願い致します!

 

 

また、友人から「ブログ更新のお知らせ機能」が欲しいとの声をいただき、ブログ更新通知用の”Facebookページ”を開設しました!

こちらも良ければ「いいね!」をしていただけるとブログ更新への活力になるので応援よろしくお願い致します!

 

※InstagramもFacebookページもブログトップページにリンクを記載しております

 

絶景棚田を求めて

 

中国を経て、
世界一周4ヶ国目であるベトナムへやってきましたー!
僕がベトナムで一番楽しみにしていた景色はサパという街の田園風景です!

ベトナムへのイメージで田んぼってあまり思いつかないかもしれませんが、山岳地帯に作られた棚田がとても美しい景色となっているのです!

日本にも棚田は多くありますが、
ベトナムのサパの棚田が大規模であるため、一目見たくてベトナム北部の田舎町までやってきました!

 

ベトナムのサパとは
標高1,600mにある街でフランス植民地時代に開発された避暑地です。
今では人気の高原リゾートでその街並みは西洋の雰囲気が残っています。
サパ周辺には多くの少数民族が住んでおり、それぞれカラフルな衣装を着こなす「赤ザオ族」・「黒モン族」・「赤モン族」・「ザイ族」・「花モン族」の集落が近くにあります。
山岳地帯に作られた田んぼは綺麗な棚田となっておりその圧巻の景色を一目見ようと観光客が多い街でもあります。

 

 

15の夜への後悔

 

初日は夜に到着したので、
一泊して次の日の朝から観光することに!

 

ホテルでレンタルバイクが借りられたので、二人乗りでサパの街へ繰り出します!

 

 

さあ!バイク旅の始まりだ!!

早速しゅっぱーつ!!!

 

 

 

といきたいところですが、
実は僕はバイクを運転した経験がありません。

 

なんなら、
オートバイクなのにエンジンの付け方すらわかりません・・・。

 

 

ホテルスタッフのお兄さんも苦笑いしながら、僕に操作方法を教えてくれます。

 

 

一方、千果さんはその姿を見て、
非常に不安気な表情を浮かべています。

 

 

なんてカッコ悪い旦那なのでしょうか。。

 

 

こんなことなら、
15歳のときに盗んだバイクで走り出しておけば良かったです。

 

スポンサーリンク

 

サパの見どころ!?catcat村へ!

 

まぁとりあえず、
操作方法を習得していざ出発です!

 

運転に不安があるので、
激遅のろのろ運転で進みます。

しかーし、
「そもそも、どこに棚田あるの?問題」が発生し、行き先がよく分かりません。

 

事前に色々調べていたのですが、
棚田へのアクセスや行き方の情報が手に入れることができませんでした。

 

他の情報サイトだと、
「サパはどの道も棚田だらけで絶景です!」的なコメントをよく目にしました。

 

なんだ~。
それならバイク素人の僕でも安心だわ~。

 

 

【実際のサパの街】

 

え、田んぼ・・どこ・・?

 

サパの中心部は完全に街です。
棚田どころか田んぼの気配すら感じません。

バイクもびゅんびゅんです。

 

あれ?
僕の見た情報サイトは”100年前”の記事かな・・・?

 

と不安になりながらも、
とりあえず一番有名そうだったcatcat村へ向かいます!

 

 

 

この村はとにかく猫が多いことで有名で東京ドームほどの大きさの村に、なんと猫が2万匹”いるという驚異的な村のような名前をしていますが、猫は1匹もいませんでした。むしろ犬が多めです。

 

 

ベトナムのレンタルバイクは使う分だけガソリンを入れるシステムなので、とりあえずガソリンスタンドへ!

 

そして、街中からバイクで10分ほど走ると、
突如こんな景色が!!!

 

そして、この絶景を見た僕は、

 

おお!
さっき読んだ記事は近年のものだったのかー!!

 

と、安心します。

 

 

 

さぁ、
更なる絶景の棚田を求めて僕らは名前負けしているcatcat村へ入ります。
(入場料:50,000ドン(約250円/人)

ここはなにやら観光地化がしっかりされた場所で、棚田の景色やそこで生活する民族の方の家などを垣間見れるようです。

 

ちびっ子たちが遊びまわっています。
民芸品の売り子もいますが、「爽やかな笑顔(自称)」で華麗にかわします。

 

おおー。。
そんな目でお兄さんのことを見つめないでくれ・・・。
民芸品買ってあげたくなっちゃうだろうがぁ~。

 

 

のどかな村の景色が続きます。

 

アップダウンのある道をひたすら進んでいくと、なにやら雰囲気のある場所が!

更に進んでいくと、
そこそこ大きな滝なども見ることができます。
この滝はcatcat村の中でもメインの見どころのようです!

 

この村では少数民族の方が実際に民芸品などを手作りしています。
短期旅行の人はお土産に買うのもありかもしれません!

しかし、
肝心の棚田は少しいまひとつ・・・。

もしかしたらベストシーズンが少しずれていたのかもしれませんが、圧巻されるような棚田はcatcat村では見れませんでした。

 

 

そして、もう一つ、
サパの大きな見所として、
2017年から山にロープウェイが作られ、気軽に山頂から田園風景を展望できるそうです。

ただし乗車料金が約3000円ぐらいで高額であることと、天気が悪いと霞んで何も見えないらしいということなのでやめときました!(宿にいたシンガポール人のおじちゃん情報)

 

 

バイク事故!?サパの道はかなりの悪路

 

ランチがてらお店に入り、
wi-fiを得てサパについてもう一度調べてみることに!

やはり明確な情報は出てこないのですが、
GoogleMAPをくまなく見ると「写真撮影マーク」がついていたので、ここで間違いないだろう!!

と、雑な情報を基に、
またバイクで走って向かいます。

 

サパの街は少し郊外へ出ると、
ひたすら田園風景が広がっています。

 

その中に、
いくつか展望台があり、そこに写真撮影マークがついているようです。

 

ただ、この道がかなりの悪路!
緩やかな下り坂で、アスファルトの舗装が崩壊しており道はガタガタです。

 

中には、
アスファルトの道に滝が続いていて、道に小川ができています。(雨季だからかな?)

 

なので、
路肩に寄って走り、
「後ろのみなさん、どうぞ追い抜いてくださ〜い!」アピールをしながら、めちゃくちゃノロノロ安全運転でひたすら進みます。

20分ほどで、
第一展望台が見えてきます。

 

 

おお!
あれが展望台か!

 

よーし!
路肩に寄せてとめるぞー!

 

 

キキッー!
ガタンッ!バタンッ!ズドンッ!!!

 

 

大きな石が転がっている砂利道でタイヤをとられ、なんと、停まる瞬間に横転してしまいました!

 

 

あ〜!!
やってしまった・・・。

 

 

すぐ千果さんの方を振り返ると、
大きなケガなどはなく無事なようです。

 

幸いなことに二人はほぼ”無傷”でした。

 

 

なぜなら、僕が小心者過ぎて停まる20m手前ぐらいから時速3kmほどのスピードしか出ていなかったので、横に倒れて足をぶつけた程度で済みました・・・。

千果さんが無事で本当に良かったです。

 

サパの棚田の絶景!

 

そんなトラブルの末たどり着いた展望台がこちら!

catcat村よりはサパの田園風景を眺めることができます。

バイク横転後の千果さんも無事そうで何よりです。

 

その後、更に慎重な運転で先の展望台などから風景を見て周ります。

ひたすら、
棚田でとても綺麗です!

サパの郊外に出ると、
とってものんびりした世界が広がっており、期待していた田園風景を見ることができました。

 

当初は更に奥まで観光する予定でしたが、
道がかなり悪路ということもあり、夕暮れ前にはホテルにバイクを返却します。

 

 

そして、その夜。
僕たちは新たな情報を手に入れてしまいます。

 

この近くの村に
”東南アジアで一番美しい棚田”があるらしい。

 

なので急遽ルート変更して向かうことにするのでした!

次回、東南アジアで一番美しい棚田のある”ムーカンチャイ”へ行ってきまーす!

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中!
「世界一周」のバナーを
1日1クリックお願いします!

週間のクリック数でランキングが変わります。
応援の程をよろしくお願いします!

さあ、今日は何位かな?


にほんブログ村

いつも見ていただきありがとうございます。
是非、今後も一緒に楽しんでいってください☆

スポンサーリンク

ベトナムカテゴリの最新記事