【新着記事】近況報告!ペルーの隔離生活と旅行記再開のお知らせ

【安宿情報】チェンマイでおすすめのゲストハウスまとめ

【安宿情報】チェンマイでおすすめのゲストハウスまとめ
スポンサーリンク

こんにちは~。
だいすけです!

世界一周している方のブログを拝見すると、
人それぞれ特徴があって面白いな~。といつも思って読んでいます。

 

僕たちのブログの特徴は、
「グルメ記事が多め」ということだと思っているのですが、

それ全部「千果さんの担当」なんですよね・・・。

 

前職で食品メーカーの「味づくりの仕事」をしていただけあって、
同じ料理を食べているのに味への感想が僕と全く違うので時々虚しくなります。

 

僕もたまには「まとめ記事」を担当して、誰かしらのお役に立ちたい!と思い、
千果さんに相談したところ「宿のまとめ記事」を書くことになりました。 (ちょっとテンションダウン)

 

内心、
タイ北部の街、チェンマイの安宿情報など求めている人はいるのであろうか?

と疑念を持ちつつ、
とりあえず僕なりの「感想」と「余談」も含めてお送りしようと思います。

 

 

ブログランキング参加中

このブログを少しでも気に入っていただけたら
「世界一周」のバナーを
「1日1クリック」お願いします!

こちらでのランキングが
ブログ更新を続ける“一番の励み”になります(^^)

今後とも応援の程をよろしくお願いいたします!
今日も一緒に楽しんでいってくださ~い♪

※クリックによる収益などは一切発生しませんのでご安心ください


にほんブログ村

 

 

チェンマイの安宿を3軒ご紹介

 

今回は約2週間滞在した
チェンマイという街で宿泊した安宿をご紹介します。

チェンマイの街はこのような感じになっています。

旧市街を中心にして考えると
「東側」はマーケットなどが豊富にあるエリアです。
「西側」のニマンヘミ通り周辺はオシャレなカフェや飲食店が集中しています。

僕らは旧市街の東側にある安宿を拠点として観光していました。

 

僕たちは計画性の無さから、
滞在中3軒の安宿を転々とすることになってしまったので、それぞれ良さや課題点を独断と偏見でまとめていこうと思います!

 

スポンサーリンク

 

Sarah Guest House

 

フランス人のご婦人「サラ」が経営している宿。
タイ人のスタッフの女性もいます。
こちらの宿に僕たちは一番長く滞在していました。

◆ホテル名
Sarah Guest House

◆料金
250バーツ(約860円)1部屋ツインルーム(ファン付き)

◆立地
・旧市街のターペ門から徒歩5分
・ナイトマーケットまで徒歩15分

ニマンヘミ通りには遠いですが、
マーケットや旧市街を見るには十分な立地です。

◆特徴
【良い点】
・全室個室
・wifiが普通程度に早い
・トイレ・シャワーも各部屋にあり清潔
・部屋にバルコニー(小)あり
・タオル貸し出しあり
・網戸などがしっかりしている

【課題点】
・タオルやシーツの交換が有料
・長期滞在でも部屋の掃除は無し
・朝食サービスは有料

 

◆宿の写真

宿の外観
ツインルーム(ファン付き)
ホットシャワー
トイレ(シャワー室と同じ)

 

◆その他
・サラ(50~60歳代)がかなりせっかち。笑
・スタッフのタイ人女性は優しい

◆総論
可もなく不可もなく宿。
のんびり静かに過ごすには最適な宿。

 

◆宿の近くのグルメ情報
イスラム系のお婆ちゃん2人組が経営するロティ屋台が人気です。

メニューなど
バナナ入りのロティ作り中

練乳のロティはお値段なんと6バーツ(約20円)~。

価格は上がりますが、バナナ入りやチーズ系などもあり種類の幅が広いです!

夜限定の屋台なので、
食後のデザート感覚で毎日のように食べていました!

現地の人から外国人まで多くのお客さんで賑わっていたので有名の屋台なのかもしれません。

 

 

◆余談
全く悪い人ではないのですが、
サラがとにかく「せっかち」なので要注意。笑

 

 

僕らが宿の備品を使用したいと思い、サラに確認しようとすると・・・

 

「これを使っても大丈夫でs・・・」

「Yeah!Yeah!Yeah!Yeah!」

 

 

またある日、

 

「荷物をここに置いておいても大丈bu・・・」

 

「Yeah!Yeah!Yeah!Yeah!」

 

 

 

 

 

とにかく相槌が早い・・。笑

 

僕らの英語の拙さに耐えられないのか、
内容の趣旨が分かったら即座に返答してきます。

 

 

サラの宿ではシベリアンハスキー犬が飼われています。

名前はハンター
人懐っこいので吠えたりはしない良い子です。

 

普段は鎖で繋がれているので、
行動範囲が限られていてとても窮屈そうです。

 

しかし、その代わり、
サラは毎朝ハンターを散歩に連れて行ってあげます。

 

 

ハンターは散歩の時間になると大喜びです。

 

僕らも朝食を食べながら、
サラとハンターが散歩に出かけるのを見送ります。

 

 

 

 

3分後。

 

 

 

 

サラ:

「ただいま~♪」

 

 

 

 

せっかちなサラは散歩もスピーディに終わらせます。

 

ちらっとだけ見えましたが、
めちゃくちゃな早歩きで散歩していました。もはや競歩のような勢いです。

 

こんな短時間の散歩にも関わらず、
あんなに大喜びをしていたハンターは本当に健気な良い子です。

 

みなさんも宿泊する機会があれば、
ハンターには優しく接してあげてください。

 

 

 

Cumpum Guest House

 

◆ホテル名
Cumpum Guest House(クンプンゲストハウス)

◆料金
300バーツ(約1,030円)/1部屋ダブルルーム(ファン付き)

◆立地
・旧市街のターペ門から徒歩約6分
・ナイトマーケットまで徒歩約13分

ニマンヘミ通りには遠いですが、
マーケットや旧市街を見るには十分な立地です。

◆特徴
【良い点】
・個室が豊富
・wifiが早い
・トイレ・シャワーも各部屋にあり清潔
・タオル貸し出しあり
・網戸などがしっかりしている

【課題点】
・上層階の部屋だと毎回上がるのが辛い
・朝食サービスは有料(ベルギーワッフル有り)

 

◆宿の写真

宿の外観
宿のエントランス
ダブルルーム(ファン付き)
トイレ・ホットシャワー

 

◆その他
・ベルギー人の男性オーナー(30歳代)はとてもいい人(せっかちではない)

◆総論
コストパフォーマンス重視で、ダブルベッドなどを希望する方には良いと思います。

 

◆宿の近くのグルメ情報
宿を出てすぐ右手にあるフライドチキン屋さんがおすすめです。
価格は5バーツ(約17円)から有り、他の店と比べてもかなり安めです。

フライドチキン屋さんの外観
量り売りなども有り

お店の娘さんが日本語を話せるので、
量り売りの注文なども円滑にできるので助かります。

日本語話せるお店の娘さん

営業時間は不明ですが、
午前中はやっていないようです。

15時以降ぐらいから営業しているようでしたので、揚げたてのチキンを目指して是非行ってみてくださーい!

 

◆余談

最初にご紹介したサラゲストハウスがランタン祭りの時期は空室が無かったため、事前にその時期だけこのクンプンゲストハウスを予約していた僕ら。

サラの宿をチェックアウトし、
徒歩で10分程のクンプンゲストハウスへチェックインしようとします。

 

すると、
クンプンの宿のオーナーから一言。

「あれ?予約は明日からじゃないかな・・・?」

 

 

僕ら : 「へ・・・・?」

 

ただ幸いにも、
たまたま空室があり、チェックインさせてもらうことができました。

 

 

部屋に到着して早々、
千果さんがそわそわ・・・。

 

「もしかしたら、サラの宿のチャックアウトの日付を間違えたかもしれない・・・。」

「宿代も今日の分まで払った気がする・・・。」

 

 

だから、チェックインの日付も1日早くなっちまったのか~。

こりゃやっちまった・・・・。

 

 

とりあえず、
クンプンの宿のオーナーに下記の内容で相談。

 

自分たちが前の宿のチェックアウトの日を間違えてしまった。
もし可能であれば、今日はキャンセルし明日以降改めて宿泊させてほしい。

 

幸い部屋も全く汚していなかったため、
オーナーの許可を得て、サラのゲストハウスへ戻ることに!

クンプンのオーナー本当にありがとう!
ご迷惑おかけしてすみません・・・。

 

 

 

そして、サラの宿に戻り内容を説明します。

 

「Yeah!Yeah!Yeah!Yeah!」

 

「内容は分かったわ。ただ、チェックアウトの日は今日で合ってるはずよ!」

 

 

宿泊費も一緒に計算させてもらうと・・・

金額も今日チェックアウトで合っている。。。

 

 

 

更にやっちまったようです。

 

 

千果さんが支払金額と宿泊日数を勘違いしており、
それを一緒に確認した僕も混乱し二人して間違えまくって大騒動に・・・。

 

とりあえず、
サラに手間と迷惑をかけたことを謝り、お礼を言って宿を出ます。

 

 

 

ここで千果さん、
自分自身の不甲斐なさに落胆し、大号泣。笑

 

 

二人で話し合った末に、
再びクンプンの宿へ行き、オーナーに事情を説明して、
何度も手間と迷惑をかけていることを謝罪しチェックインさせてもらいました。

快く笑顔で受け入れてくれたオーナーには頭が上がりません。本当にありがとう!

 

 

そんな素敵な優しいオーナーがいるクンプンゲストハウスへ是非みなさんも泊まってみてください!
長期滞在でも快適に過ごせそうですよ!

 

Shambhala House

 

◆ホテル名
Shambhala House(シャンバラ ハウス)

◆料金
90バーツ(約310円)/ ドミトリーベッド1台

◆立地
・旧市街のターペ門から徒歩約5分
・ナイトマーケットまで徒歩約20分

旧市街のあるお堀の内側にあります。
宿の目の前は小さい市場になっておりフルーツなども購入できます。

 

◆特徴
【良い点】
・ドミトリーがカーテンで仕切られている
・二段ベッドではない
・wifiは普通
・トイレ・シャワーも各階にあり

【課題点】
・扇風機だけのため少し部屋は暑い
・喚起のため外のドアが開けっ放しなので蚊が入る
・トイレ・シャワーは清潔ではない
・鍵付きロッカーが無い
・ドミトリーの人数に対してトイレ・シャワーが少ない

◆宿の写真

宿の外観
ドミトリールーム

◆その他
・中国人の男性オーナー(30歳代)がフレンドリー
・個室などもある(宿泊していないの詳細は不明)

◆総論
数泊の短期滞在ならばおすすめ!
しかし、ドミトリーに泊まる場合、安全性の高いロッカーが無いので貴重品を宿に置くことができないのが難点かなと思います。

 

◆宿の近くのグルメ情報
1泊だけだったので特になし。
目の前の市場は意外と活気がありました。

 

◆余談

ここの宿は料金の支払いがチェックアウト時なのですが、
僕らは翌日の早朝に出発する予定だったので、前日の夜に支払いをさせてもらおうと思っていました。

 

宿に21時ぐらいに戻ると、

そこには酔っぱらって泥酔したオーナーが・・・。笑

 

「ごめん・・・。酔っ払っちゃてるから金額とかよくわからないわ~。笑」

 

と、かなりご機嫌な様子。

 

とりあえず、
「朝出発する時、起こしてくれればドア開けるよ~♪」

と陽気に言ってくれ、実際朝はある程度しっかり理性を取り戻しているようでした。

 

別に悪い気のしない酔い方だったので、
お酒を飲むのが好きな方は一緒にオーナーと晩酌も楽しめるのでは!?と思える宿でした。

 

まとめ

 

だいぶ余談が多めですが、
僕らが今回泊まった宿はどこもおすすめできるレベルだと思います。

その中でも一番おすすめをあえて決めるとすれば、
クンプンゲストハウスが一番快適に過ごせた気がします。

僕らは旧市街の東側をメインに宿泊し行動していましたが、
西側のニマンヘミ通りの方には美味しいご飯屋やオシャレなカフェも多々あるのでそちらで過ごしても楽しめると思います。

 

宿の環境やオーナーの人柄によって、
その街を快適に過ごせるかが決まると言っても過言ではないと思うのでみなさんも是非、吟味して宿泊先を選んでみてくださーい!

 

 

宿の地図など

【地図のポイント】
①サラゲストハウス
②イスラム系ロティの店
③クンプンゲストハウス
④フライドチキン屋
⑤シャンバラハウス

 

ブログランキング参加中!
「世界一周」のバナーを
1日1クリックお願いします!

週間のクリック数でランキングが変わります。
応援の程をよろしくお願いします!

さあ、今日は何位かな?


にほんブログ村

いつも見ていただきありがとうございます。
是非、今後も一緒に楽しんでいってください☆

スポンサーリンク

タイカテゴリの最新記事