【緊急入院!】2018年は幸先悪し!新年のご挨拶

【緊急入院!】2018年は幸先悪し!新年のご挨拶
スポンサーリンク

いつもブログをご覧いただいている皆様、

明けましておめでとうございます!

昨年9月に、世界一周へ出発し、
早4ヶ月が経とうとしております。

多くの方の応援と支えがあって、
僕たちは「旅行」「ブログ」を続けることができました。
いつも本当にありがとうございます。

2018年も引き続きよろしくお願い致します。

 

スポンサーリンク

 

僕たちは年末に千果さんのお友達と、
マレーシアのクアラルンプール・シンガポールを楽しんできました!

お友達はご家族と年越しをするために、
12/31の朝に日本に帰って行きました。
忙しい中来てくれてありがとう!楽しい思い出になったよ~!!

 

 

 

そして、
また二人ぼっちになった僕らは
2018年を迎えるべくシンガポールで「その時」を待ちます。

 

これがシンガポールの見どころ!
「マリーナ・ベイサンズ」「マーライオン」です!


マーライオンどこ!?

って思った人の中でも「ウォーリーを探せ」とかが好きな人はこの写真の中に必ず写っているので探してみてください。

 

マリーナ・ベイサンズの夜景は圧巻の綺麗さでした!

このレイザービームが異空間にいるようなワクワクした気持ちにさせてくれます!!

 

 

世界一周への出発前から
ここでのカウントダウンを計画して楽しみにしていた僕らは
17:00頃から場所取りをし、のんびりしたり、写真撮ったり、ケンカしたりしながら気長に待ちます。

 

 

そして、いよいよ、
2018年まであと1時間半。(22:30)

突然の大雨が降りだします。

 

会場には既に多くの人が集まっています。
みんなカウントダウン後の花火が上がるか心配でなりません・・・。

 

しかし、最後まで大雨は振り続けたままでした。

 

ただ、その中でも花火は上がり、
マリーナ・ベイサンズの周りは活気に溢れ、新年を祝う賑やかな場で僕らも年を越すことができました!!

花火は短時間にすごい量が打ち上がります!!

みんな大雨を忘れて大盛り上がり!
2018年は賑やかな年にしていきたいものです!!

 

 

 

 

そして、
その翌日(1/1)から風邪っぽく感じる僕・・・。

 

原因は大雨の中、
数時間も外で待っていたからでしょう・・・。

 

1/2
タイのプーケットへ飛行機で移動しました。

ここが僕らのこの旅行で最後の東南アジア観光。

4ヶ月間しか旅行していないのに”4度目”のタイ入国です。

 

 

プーケットは東南アジアきってのビーチリゾート!

ここで最後にのんびり過ごして楽しむぞ~♪

 

と思っていましたが、
千果さんも風邪気味で、僕も熱が40℃以上あったので大事をとって病院へ行くことに・・・。

 

とりあえず、
マラリヤデング熱の不安を払拭したいのと、
現地の薬をもらえばすぐ治るかな~?

と思って受診しましたが、

 

 

結果として、

即、入院。

 

 

予想外の事態に二人で戸惑います。

 

なにせ僕ら、
日本ですら”入院を1回もしたことがない”のですから。

 

僕に限っては、
点滴もしてもらったことすらありません・・・。

 

 

かなりの不安が二人を襲います。

 

ただ、この病院には日本語通訳の方がいて、
その方からも今後の旅行を考えたら、ここでしっかり休んで完治してから再出発した方が良い。と助言いただいたのでプロの方のアドバイスに従うことに。

 

 

日本の病院ならまだしも、
タイの病院って本当に大丈夫なのかな?

と思いながら病室に入ります。

 

 

ツインベッド・奥にはソファー2台
隣のスペース(応接間)

 

冷蔵庫・電子レンジ・ポッド・食器類完備
トイレ・シャワールーム(部屋に2箇所)

 

 

なんだここは!!

いつもの宿より100倍快適そうじゃないか!!

 

 

要望していないのに、
完全個室タイプのVIPルームに案内されたようです。

清潔でかなり快適です。

 

 

食事も三食付いており、
メニューを選択できるのも嬉しいところ!

僕らが普段食べている食事より、
間違いなく栄養価が良いのでとても嬉しいです!フルーツ&野菜もたっぷり!

 

 

しいてこの部屋の難点をいえば、
お見舞い客用の応接室が隣接しているのに、僕らには誰もお見舞いに来ないのが悲しいことぐらいですね。

 

 

 

 

ただ、海外ならではの困ったことは多々あります。

日本語通訳さんはドクターの検診のときのみ一緒に来てくれます。

しかし、その他の場面では通訳なしで看護師の方と話さなくてはいけません。

 

英語の苦手な僕ら。

起こされた直後に英語で色々質問されても理解するまでかなり時間がかかります。。。

 

昨日、夕方寝ていたら起こされて、
透明な蓋付きのカップ(200ccぐらい)を急に僕だけ渡されました。

 

看護師さんは一生懸命「何か」を伝えてくれましたが、
僕がよく分からぬ素振りをしていると、「トイレ」を指をさして何かを言っていました。

 

 

 

このカップはいったいなんだろう?
蓋はしっかり閉まるようで水漏れとかしなそうだな~。

 

 

 

 

わかった!

 

尿検査か!!!

 

 

 

ただ尿検査は朝一でするものだから、
とりあえず今はやめておこうと思いそのまま眠ります。

 

翌朝、
僕はすっかり尿検査のことを忘れて普通にトイレを済ませてしまいました。

 

10時の検診で日本語通訳さんがいるので、
ドクターに謝ろうと未使用のカップを見せると、

 

ドクター:
「あれ?タンはでなかったの?」
「もし次に咳とかでタンがでたらそのカップに入れてね!」

 

 

 

 

タン・・・??

 

 

 

 

 

 

危ねぇぇえ!!!

 

 

勝手にオシッコ入れて、

ド変態野郎と思われるところだったぁぁあ!!

 

 

 

ふー。危ない。

 

言葉が分からないってホント怖いです。

 

 

 

そんな僕らも、
早くも入院生活3日目です。

今日あたりからやっと40℃の呪縛から解放されました。

 

そして、今回の体調不調の原因は

「インフルエンザA型」だそうです!!

 

まさか二人ともなるなんて・・・・。

南国でも空港を介して伝搬するそうなので、
どこにいても罹る危険性はあるそうです。

 

まだブログで詳しく書いてないですが、
ミャンマーで40℃以上熱が出て倒れてから、
僕の基礎免疫は最弱となり10日に1回以上のペースで高熱を出しています。

これにはかなり困っていて(千果さんが)、
いい加減どこかでしっかり療養しないといけないと思っていたので、ちょうど良い機会なのかもしれません。

 

なので、
あと数日は この快適な暮らしを楽しんで 安静に療養して、
残る時間を使ってプーケットを満喫しようと思いまーす!

 

2018年早々から幸先悪い僕らですが、
これからも末永く宜しくお願いしまーす!!!

 

次回から、
また「ミャンマー編」に戻ります!

ゴールデンロックに金粉を貼ってきたのでお楽しみに~!

 

まだ二人とも元気だった頃の写真・・・笑

 

ブログランキング参加中!
「世界一周」のバナーを
1日1クリックお願いします!

週間のクリック数でランキングが変わります。
応援の程をよろしくお願いします!

さあ、今日は何位かな?


にほんブログ村

いつも見ていただきありがとうございます。
是非、今後も一緒に楽しんでいってください☆

スポンサーリンク

タイカテゴリの最新記事