これぞ絶景!「気球×仏塔」を眺めるバガン遺跡からの朝日と夕日

これぞ絶景!「気球×仏塔」を眺めるバガン遺跡からの朝日と夕日
スポンサーリンク

こんにちは!
新婚旅行で世界一周中のだいすけです

僕たちの東南アジア旅行もいよいよ終わりが見えてきました。

なので、
今後のスケージュールを簡単にまとめてみます。

現在はタイのプーケットにおり、
このあとはピピ島・クラビを観光する予定です。

その後は一気に飛行機でオセアニア地方へ行きます!

 
1/18~1/20
オーストラリアのゴールドコーストを観光
 
1/21~2/7
ニュージーランドをレンタカーで20日弱観光
 
2/7~2/9
オーストラリアのシドニーを観光
 
2/10~
南インドのバンガロールへ!
 
~インド1ヶ月弱観光~
 
3/2
インドのホーリー参加!(バラナシ予定)

 

おおまかに決まっているのはここまで!

その後の詳細なルートは未定!
ホーリーの後に「ネパール」にいくか検討中でーす。

ネパールは好きな国なので、3月でもエベレストベースキャンプまでのトレッキングできるならまた行きたいな~。

 

 

ブログランキング参加中

このブログを少しでも気に入っていただけたら
「世界一周」のバナーを
「1日1クリック」お願いします!

こちらでのランキングが
ブログ更新を続ける“一番の励み”になります(^^)

今後とも応援の程をよろしくお願いいたします!
今日も一緒に楽しんでいってくださ~い♪

※クリックによる収益などは一切発生しませんのでご安心ください


にほんブログ村

 

 

 

どこを見ても仏塔!荘厳なバガン遺跡群観光

 

ゴッティ鉄橋で盛り上がりきった僕らは、
ティーボの街からミャンマー最大の見どころ「バガン遺跡」へ向かいます。

※前回の記事はこちら

 

バガン遺跡とは?
バガン王朝によって約40kmにも渡り広がる平野作られた遺跡群。
「世界三大仏教遺跡」に含まれていて、最盛期で5,000基以上の仏塔があったと言われている。現在残っているものは3,000基ほど。
バガン王朝はミャンマーで初めて統一された王朝で、以後11世紀~13世紀に栄えていた。
尚、世界遺産ではない。

 

僕はミャンマーでこの「バガン遺跡」を一番楽しみにしていましたー!!

さっそくホテルでバイクを借りて2泊3日の観光開始です!!

 

 

ただ、バガンで借りられるバイクは、
この「E-BIKE」と呼ばれている電気バイクがメインです!

なぜか、ECO意識アピールをしています。(世界遺産狙っているのかな?)

基本動作はバイクとほぼ一緒!!

ただ充電が切れたら使えないので気を付けて行ってきまーす!

【バイク料金】
■料金:16,000チャット(約1,330円)/3日間
・1日目:13:00~20:00
・2日目:05:00~19:00
・3日目:04:00~08:00

 

 

 

さっそくバガンの街へ繰り出すと、

すぐさま仏塔の嵐!!!!

大きいものから小さいものまで数えきれないぐらいあります。

ただ、2016年の8月にバガン近郊を震源とした大きな地震があったそうで、多くの仏塔が損壊したそうです。なので、1年以上経つ今(2017年11月)も修復している仏塔がとても多かったです。

 

 

大きい仏塔は中を見学することも可能です。

中は消えかけた壁画や仏像などが多く見られます。
外観だけでなく中も入ることで荘厳さが伝わってくる気がします。

 

 

バガン遺跡が世界遺産になれない理由の1つとして、
”修復の仕方が雑”ということも指摘されているそうです。

確かに、これは・・・ひどい・・・。笑

 

 

 

 

 

そして、
ここはたまたま出会った僕らの一番お気に入りの場所。

とっても見晴らしが良くて、
多くの仏塔をこの場所から眺めることができます。

日本のガイドブックには載ってなさそうですが、
欧米人系のツアーバスも来ていたので、特に穴場って訳でもないと思いますがおすすめです。

 

どこを切り取っても画になります!
写真を撮っていてなんだか楽しくなってくる風景ばかりです。

このレンガづくりがまた味を出している気がします。
とても繊細な模様もちりばめられていて見ていて飽きません。

こういうところもバガン遺跡の魅力かなと個人的には思います!

 

バガン遺跡からみる神秘的な朝日と夕日

 

ここバガンに来たら、
これだけは見ておきたい!というのが「夕日と朝日」です。

僕らも各2回見に行って、
「何度見ても良いな~。ニヤニヤ」って感じでした。

 

 

まずは夕日から!

僕らは場所取りも兼ねて、
日没の2時間前からスタンバイ。

完全に準備万端病です。

 

先ほどまで眺めていた仏塔に上って夕日を見ることができるのことも魅力です!

※仏塔の中には「登って良いもの、ダメなもの」があるので注意が必要です!

 

少しずつ夕暮れになってきました。

カメラマンの方たちも続々と集まってきています。

太陽が沈む前の景色でも十分素晴らしいです。

これはとっても綺麗な夕日を見れる!!と確信していましたが、

日没時間の寸前にいきなり大きい雲が・・・!!!

しかも、ピンポイントで太陽の場所に・・・・。

 

これには、みんな「Oh・・・・。」って感じです。

千果さんも「ゴジラ雲どけぇ~(°_°)!!」と叫ぶも、無力。

この日は夕日を拝むことはできませんでした。
ただそれでも夕焼けはとっても綺麗だったの大満足。

 

そして、次の日も夕日をまた狙いにいきますが、
2日目もやはり綺麗に沈む夕日は見ることができませんでした。

ただそれでも、やはり夕焼けはとっても綺麗。
これだけのためにも見に来て良かったと思えます!!

 

 

夕日で苦戦した僕らですが、
バガンで有名なのは夕日より朝日!!!

朝日を綺麗に拝めることの方がバガン観光では大切なのです!(自論)

 

なぜなら、
このバガン遺跡では日の出と共に気球が上がります。

この「気球 × 遺跡の仏塔」の組み合わせがとっても幻想的らしいのです。

 

 

これは意地でも見るしかない!!

 

と意気込んで、
朝5時前に日の出が見られる仏塔に行くと既に大量の人。。。

 

危なく上まで登ることすらできないところでした。

 

日の出は6:30頃なのに・・・。

みんな気合いの入れ方が違います。

 

 

さっきまで暗かったのに、
少しずつ空が明るくなってきました。

この時間には日の出を待つ多くの人で溢れかえっています。

気球のらしきものが見えてきます!!

 

ついに陽が昇ります。

おお!!!
気球が無い景色でも十分綺麗!!

 

ただ気球があったほうがもっと綺麗~!!!

 

 

なんなんでしょう。この絶景は。
まるでファンタージーの世界にいるような気分です。

これが正に僕の求めていたバガン遺跡の絶景や~!!!

 

 

 

大感動したので翌朝も朝日を見に行きます!

昨日の諸先輩方を見習い更に早く行くことに。

 

午前4時到着。 (日の出まであと3時間半)

 

これは間違いなく一番乗りだろう!!

 

と意気揚々と仏塔に行くと、

もうすでに8人もいました。。。

 

恐るべし、欧米人先輩のサンライズ愛。

もう感服っす!!

 

 

今日は昨日の仏塔と違う場所から見てみます。
とは言っても、昨日の仏塔の東側の隣にあるので場所はほぼ一緒です。

日の出に近い側(東側)の方がより綺麗に見えるかな?って期待を込めて場所変更。

 

昨日よりも空の赤みが強い気がします。
上がりきると黄色みが強くなってきました。

朝日に照らされる仏塔と気球はなんとも幻想的です。

ずって見ていられるような素敵な景色です。

 

この風景の絵を描いている人がいたの写真を撮らせてもらいました。

めちゃくちゃうまい。

写真ではなく絵で記憶に残すのも素敵だな~。とか思うぐらい素敵な絵でした!

 

バガン遺跡の大絶景を千果さんと二人で見られて本当に良かった!!

二人とも大満足のバガン観光となりました~!

 

次回は!
バガン近郊にある「ポッパ山」に行ってきます!
”天空の寺院”と呼ばれているパワースポットです!
良き出会いにも恵まれた観光になったのでお楽しみに~♪

スポンサーリンク

ティーボからバガンへの行き方

 

こんなルート誰も必要としないと思いますが、
僕らも調べて情報が何も無く困ったので一応記載します。

【バス概要】
・バスのグレードは「ノーマルバス」
・バガン行は一日に一便らしい
※マンダレー行は1日に複数便ある模様

・出発.19:00:ティーボのバスチケットオフィス発
・到着.翌朝05:00:バガンのバスターミナル着

※ティーボのバスチケット購入場所は前の記事を参照 →
※バスはティーボが始発ではなく「ラッショー」から出ているようでした

【所要時間】
10時間(途中休憩有) ※乗換え無し

【料金】
17,300チャット(約1,435円)/人

【バガン到着後】
■バスステーションからニャンウー地区へ
バガンのバスステーションは郊外にあります。
ニャンンウーまでタクシーの正規料金が5,000チャット(約415円)

悪い運転手が10,000チャット(約830円)とかで勧誘してくるので、正規料金で交渉しましょう。
バスターミナルにはタクシー料金表の看板があるのでそれを見つけると話が早いと思います。

バガンのバスターミナルから各街までのタクシー料金表(2017年11月時点)

 

バガン入域料金について

 

ミャンマーでは街へ入るごとに「入域料」がかかります。
バガンではそれがメイン3ヶ所の仏塔の入場チケット代わりになります。

【チケット料金】
5日間券:25,000チャット(約2,075円)/ 人

タクシー運転手からの提案で、
2人で15,000チャット(約1,245円)支払えば、
チケット購入を強要されるゲートを回避するルートでホテルまで案内すると言われました。

僕らは主要3ヶ所を含め、観光をちゃんとしたいのでお断りします。

実際、3ヶ所中2ヶ所はチケットの確認もされずに入場できました。
しかし、朝日・夕日を見た仏塔では毎回ピークの時間のみチケット確認係がしっかり確認していたのできちんと購入することをおすすめ致します。

 

バガンの地図

【地図のポイント】
①バガンのバスステーション
②お気に入りの展望仏塔
③宿泊していたホテル(パンチェリーホステル)
④朝日・夕日を見ていた仏塔

 

ブログランキング参加中!
「世界一周」のバナーを
1日1クリックお願いします!

週間のクリック数でランキングが変わります。
応援の程をよろしくお願いします!

さあ、今日は何位かな?


にほんブログ村

いつも見ていただきありがとうございます。
是非、今後も一緒に楽しんでいってください☆

スポンサーリンク

ミャンマーカテゴリの最新記事