本当にピンクシティーなのか?!ジャイプールをのんびり街歩き*

本当にピンクシティーなのか?!ジャイプールをのんびり街歩き*
スポンサーリンク

 

 

 

こんにちは!
新婚旅行で世界一周中のちかです!

リアルタイムではロシアのサンクトペテルブルクです。

 

 

今回のブログはピンクシティーと呼ばれるインドの街、ジャイプールの街歩きの記事です(^^)

 

ブログランキング参加中

このブログを少しでも気に入っていただけたら
「世界一周」のバナーを
「1日1クリック」お願いします!

こちらでのランキングが
ブログ更新を続ける“一番の励み”になります(^^)

今後とも応援の程をよろしくお願いいたします!
今日も一緒に楽しんでいってくださ~い♪


にほんブログ村

 

ジャイプールで食べ歩き!

湖畔のかわいい街プシュカルから私たちが続いてやってきたのは”ジャイプール”!

この街はピンク色の城壁に囲まれることから、”ピンクシティー”と呼ばれています。

 

 

無事に宿に到着して、本当にピンク色の街なのか、さっそく検証しに行ってみます!!

 

まずは腹ごしらえを兼ねて、ジャイプールで有名なお店「ラッシーワラ」のラッシーを目当てに出発*

ラッシーとは?
インドの国民的飲み物でヨーグルトとミルクを混ぜた「飲むヨーグルト」のようなもの。

 

 

お店に着いてみると、なんとラッシー屋さんが隣り合って何軒もお店を構えていて戸惑います。。。

なんでなのか競合が1ヶ所に集まっちゃうという海外あるある。笑

 

事前に目星をつけていたラッシーワラで注文すると、とっても笑顔の優しいインド人のおじさんが丁寧にラッシーを作ってくれます(^^)

さっそくできたてのラッシーを頂きます。

25R(約40円)

 

これが予想をはるかに上回る激うま!!

濃厚なコクがあるのに、ヨーグルトの優しい酸味がとってもさわやかで最高!

とろとろ過ぎず、シャバシャバ過ぎないテクスチャーが絶妙で、最高の飲むヨーグルトっていう感じ*

 

これが私の求めていたラッシーだ!とインドで初めて感じた日でした。笑

 

美味しすぎて、1人1杯飲んでたのにおかわりを頼んじゃいましたー( ̄▽ ̄)笑

ちなみにおかわり前に隣のお店のラッシーも飲んでみたけど、断然ラッシーワラ派でした!!

 

ここのラッシーはレンガのような赤茶色の柄の入ったなかなかかわいいコップに入れてくれるのですが、なんと使い捨て!!

飲み終わった後、インド人はバンバンと勢いよく陶器の器をゴミ箱に投げて割っているのが印象的でした。

 

私たちには投げ捨てる勇気はなかったので、ゴミ箱にそっと割れないように捨てましたけど。笑

 

 

そのあとは、道路を挟んで反対側にあるレストランへ!

高級で我々には敷居高めのお店だけど、どうしてもおいしいバターチキンカレーが食べてみたくてやってきてしまいました( ̄▽ ̄)

 

お店に入ると、ホテルのようにビシッと制服を来た店員さんがお出迎え*

店内も、インドとは思えない綺麗な空間*

日本の喫茶店みたいなちょっとレトロな雰囲気がいいかんじ♪

 

ここで注文したのはこちら!

バターチキンカレー:530R(約840円)
ナン:100R(約160円)

せっかくのおいしいカレーなので、チャパティーではなくリッチに「ナン」を注文*

インドではペラペラのチャパティーの方が一般的なので、実はインド旅行に来て初めてのナンです!

 

 

肝心のお味は、日本でイメージするバターチキンカレーよりもとてもさっぱり!

トマトの酸味とコクがしっかり効いていて、さっぱりだけど食べごたえがあります*

辛さも強くなくて食べやすくておいしい(◍•ᴗ•◍)!

 

 

ちょっとこってりした日本で食べるバターチキンカレーをイメージしていたのでこの味は新鮮でした!

チキンも骨を抜いてあるし大きすぎないので食べやすい♪

 

 

ナンは結構高いけど、日本みたいに大きくなかった!笑

けどふかふかしていて、黒ごまの風味もしておいしかったけど、バターの香りとかはなくって普通かなぁ。

庶民派なのか、本場インドではチャパティーで十分でした。笑

 

スポンサーリンク

本当にピンクシティーなのか?ジャイプールの街散策!

美味しいカレーに満足したところで、ようやく肝心のピンクシティーを目指します!!

 

街をてくてく進んで行くとちょっとピンクの片鱗が見えてきます*

 

さらに歩き進めていくと、アーケード沿いにたくさんお店が連なる通りがあって見ていて楽しい(^^)

私はピアスの穴を開けていないので、いつだってかわいいなぁと眺めるだけですが、やっぱりピアスってかわいいなぁ*

 

いよいよピンクシティーとご対面!ハワーマハルへ

ちょっと長めの散歩を終えて、いよいよピンクシティーの所以、”ハワーマハル”に到着!!

おぉー!

高さがあって、出窓のようなステンドグラスなどが施された小さな窓がたくさんある姿はすごいきれい(◍•ᴗ•◍)

 

これはピンクシティーと言われるのも納得!

 

中に入ってみてみると、カラフルな世界が広がっていて写真が楽しい♪

 

内部は意外とピンクではなくて、落ち着いたクリーム色。

 

遠くの小高い山なんかも見渡せて、とっても気持ちいい*

建物は結構高さがあるけど、厚みの無い薄い感じでなんだか不思議。

 

姿を見られることを許されていなかった宮中の女性たちのために建てられたというハワーマハルには、正面の通りをこっそりと見下ろせるような工夫がたくさんあります。

こういう小窓がたくさんあるのですが、ここから外を眺めるのが、外の世界を見られる唯一の方法だったのかなぁ?と思うと、想像もできない程小さい世界に暮らしていたんだろうなぁとちょっと感慨深い気持ちになりました(o’ー’o)

 

コンパクトでありつつも、ステンドグラスなどを楽しめて、すっかり満足*

ジャイプールがピンクシティーと呼ばれる所以がちゃんと確認できて大満足の1日となりました(^^)

 

次回はヨガの聖地「リシュケシュ」に行ってきまーす!!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございまいした!

 

ブログランキング参加中!
「世界一周」のバナーを
1日1クリックお願いします!

週間のクリック数でランキングが変わります。
応援の程をよろしくお願いします!

さあ、今日は何位かな?


にほんブログ村

いつも見ていただきありがとうございます。
是非、今後も一緒に楽しんでいってください☆

 

地図・アクセス等

①ラッシーワラ
営業時間:7:00~16:00

②Niro’s restaurant
営業時間:10:00~23:00

②ハワーマハル

宿:Road house hostel

 

スポンサーリンク

インドカテゴリの最新記事