【インド上陸!】これがインドの洗礼!?バンガロールで初日からインド感を大満喫!

【インド上陸!】これがインドの洗礼!?バンガロールで初日からインド感を大満喫!
スポンサーリンク

こんにちは!
新婚旅行で世界一周中のだいすけです!

リアルタイムではオーストラリアでワーホリ中です。

 

今回からやっとインド編です!
約1ヶ月間、インドを旅行してきたので一緒に楽しんで見ていただけると幸いです。

 

※前回の旅行の記事はこちら

 

ブログランキング参加中

このブログを少しでも気に入っていただけたら
「世界一周」のバナーを
「1日1クリック」お願いします!

こちらでのランキングが
ブログ更新を続ける“一番の励み”になります(^^)

今後とも応援の程をよろしくお願いいたします!
今日も一緒に楽しんでいってくださ~い♪


にほんブログ村

 

オーストラリアのシドニーからシンガポールを経由して南インドのバンガロールにやってきました!

 

僕は今回で2回目のインド上陸です。

6年前にインドを1ヶ月ぐらい1人で旅行していました。

前回はネパールを陸路で往復したので入国回数を考えると3回目ですね。
ただ、僕自身も南インドは初めてです。

 

千果さんはもちろん初めてのインド!

ビビリまっくて震えてます。笑

 

 

昔一人で旅行していた頃に多くの旅人の先輩から「南インドはいいぞ~。」「北側とは別世界で人がみんな優しいぞ~。」とよく聞いていたので、今回は絶対に南側も来てみたいと思っていました。

なので、念願かなって南インドに来れてとっても嬉しいです。

 

バンガロール空港でアライバルビザ取得に難航

 

さぁ、飛行機が無事にバンガロール空港に到着。

もう時刻は23時です。

 

 

僕らは空港でアライバルビザを取得しようと思ってました。

空港ついてから、そこで入国許可証をもらうっていうやり方ですね。

 

インドはビザに結構厳しいのですが、
このアライバルビザは2017年から適用されており、”世界で日本人だけに許されている取得方法”らしいです。

※アライバルビザ取得の詳細は文末に記載しています

 

 

なので、面倒な事前書類などの提出無しで、そのままイミグレーション(出入国管理所)へ向かいます。

 

もうルンルンですよね。

ほぼビザ無しで行けるようなもんですもんね。

 

事前に調べた情報によると、
「滞在日数やホテル名、個人情報を紙に書いて2,000ルピー(約3,000円)払って終了」って流れらしいです。

 

 

 

いや~、ちょろいです。

以前、日本でビザ取得したときはインド領事館は提出書類に厳しかったので、それを思い返すと今回はほぼ「お金払ったら入国していいよ~。」みたいなもんですもんね。

 

 

 

もう余裕ぶっかまして、
インドのイミグレーションに行って入国手続きをしてもらいます。

 

 

 

●●●
空港職員さん

やあ。パスポート見せてくれ。ビザは持っているかい?

 

 

●●●
僕ら

僕ら日本人なのですが、ここでビザ取得できますか?

 

●●●
空港職員さん

もちろんだ!この書類を記入してくれ。

 

 

●●●
僕ら

おー。ちゃんとビザ取れそうだ!良かったぁ~。

 

 

 

 

書類を一通り書いて、口頭で内容の確認をされます。

 

 

 

●●●
空港職員さん

ふむふむ。インドに知り合いはいないのかい?

 

 

●●●
僕ら

ただの短期観光客なので知り合いはいませんねー。

 

●●●
空港職員さん

知り合いがいない・・・。(沈黙)

 

 

●●●
僕ら

(え・・・。なんかめっちゃ疑われてる・・笑)

 

 

 

 

●●●
空港職員さん

本当に観光目的なのかい?ちょっとキミたちを入国させる訳にはいかないな。

 

 

 

と、言って、
僕らの書類をもって他の職員と相談をし始めます。

 

時おり相談しながらチラチラこっちを見てきて完全に審議している模様。

 

 

 

 

かなり焦る僕ら。

 

 

 

 

●●●
僕ら

こんな観光客感満載の犯罪者いなくないですか!?僕の目を見て!

 

 

と普段は小さい僕の目を限界まで開き、まばたき多めでアピール。(何を?)

 

 

●●●
空港職員さん

んー。よかろう。入国して良いよ。ちゃんと滞在期限守ってね。

 

 

 

 

 

僕の小さな目がインド政府に認められた記念すべき瞬間でした。

 

 

 

 

無事に入国を済ませた頃には既に24時超え。

 

入国審査に1時間ぐらいかかってしまったので、
当然ながら僕らの預け荷物はもう受け取りレーンには無くてちょっと焦りましたが、空港職員の方に尋ねると荷物預り所に移動されてました。

 

本人確認を済ませて、荷物を受け取ろうとすると、職員の方がトロリーに載せて荷物を出口まで運ぼうとしてくれます。

これは助かりますね。

さすが優しいと評判の南インド。ホスピタリティもあるんですね。

 

 

 

 

ただ、ここで人間不信の僕の”インドセンサー”が発動です。

 

 

 

この職員の方は善意で運んでくれているって信じてますよ。信じてますけど・・・・

 

「万が一」ってことあるじゃないですか?

 

一応ですよ。

例え、予想通り善意だったとしても、確認するだけなら問題ないですよね?

 

 

 

変なこと聞いちゃってごめんなさいね。ハハハ
って顔をしながら「あの~、これって無料ですよね?」って一応確認すると、

 

 

 

 

 

「100ルピー。」

 

 

 

 

 

 

即座にトロリーから荷物を降ろして、職員の方とはお別れです。

 

 

「頼んでもいないのに勝手に運び出してお金を請求してくるなんて(°_°)」と千果さんは衝撃を受けていました。笑

 

 

 

長時間移動と入国手続きで苦戦したので今日は疲労困憊です。

このまま夜中に街へ向かうのは危険なので、今日はバンガロール空港で空港泊をして夜が明けてから街へ向かうことにします。

 

 

 

 

 

翌朝、目が覚めると、
改めてバンガロール空港の綺麗さに気が付きます!

 

 

 

ここは本当にインドなのか・・・?

 

インドへのイメージを覆すような清潔感漂う空港です。

 

因みにバンガロールは南アジアでも有数の経済都市で、近年世界中のIT企業がバンガロールに進出して来ているほどの勢いのある街です。
インドの”シリコンバレー”とも呼ばれていて、既にキャッシュレス化にも取り組んでいるそうです。

ある意味、ハイテク産業では日本より進んでいるのかもしれませんね・・・。

 

 

 

 

そんなIT都市バンガロールの空港の綺麗さに呆気に取られているときに、実は千果さんに異変が起きていました。

 

なぜか両足が赤く腫れあがり、チクチクとした痛みが生じるそうです。

 

心配なので調べてみると、エコノミー症候群の症状に似ている・・・。

 

今回の飛行機での移動はトランジットの2時間含めて約15時間だったのですが、前日と到着後の空港泊を合わせると40時間近く座った状態で過ごしていたことになります。

 

その後も経過を観察し今回は大事に至りませんでしたが、今後は気を付けなければならないなと思いました。

 

 

バンガロール空港から市街地へバスで移動

 

まずはインドルピーをATMから引き出します。

すると、昨夜僕らを疑いの目で見ていたイミグレーションの職員の方が勤務を終えて帰るところで、

 

キミ達まだ空港にいたのかー!どこへ行くんだい?

 

と声をかけてくれたので、
バスで市街地まで行きたいんですよね~。

 

というと親切にバス乗り場の場所を教えてくれました。

 

僕の小さな目は完全にインド人の心を掴んだようです。

 

 

 

ターミナルの外に出ると、多くのバスが並んで待っています!

インドにも関わらずちょっと綺麗なバスですね。さすがバンガロール。

片道40kmを一時間以上かけて市内の中心にあるバスステーションへ向かいます。

※エアポートバスの詳細は文末に記載しています

 

 

ほどなくして、
バンガロールの中心の「ケンペゴウダバスステーション(別名:マジェスティック)」に到着。
ここは地下鉄の駅も併設されているとても便利な場所です。

写真では全く伝わらないと思いますが、ここのバスステーションはかなり広いです!

ものすごい数のバスが行き交いしていて、乗客の数もとても多いです。

 

 

バスステーション付近で降りて、
いよいよ、インドの街へ降り立ちました。

 

 

 

久しぶりのインド。

一番感じるのは、とにかく人が多い。街がうるさい。路上が汚い。笑

 

露店の前で多くの人が集まりチャイを片手に大声で話し、

車やバスのクラクションの音が引っ切り無しに鳴り続ける。

道にはゴミが散乱し牛の糞も転がっている。

 

 

あー、インドに戻ってきたなー。と感じざるを得ませんね。笑

 

 

 

初インドの千果さんにはかなり衝撃的だったようで、

「だいすけ!大変!この壁からものすごいアンモニア臭がする(°_°)!!!」

と歩く道すべてに警戒していました。笑

 

 

予約していた宿はバスターミナルから徒歩10分弱だったのですが、一歩街の中へ踏み込むと更にインド感が増してきます。

交通ルールなんて無いようなものなので、大きなバッグを背負っている僕らは車にぶつかりそうになりながら歩みを進めていきます。

 

入り組んだ道でちょっと迷いながらも、やっと本日の宿に到着!

 

宿のオーナーさんはインド人の方だったのですが、英語が訛りすぎてホントに聞き取れない!笑

 

千果さんもインド英語のクセの強さに驚いて、

「Today」すら聞き取れない(°_°)!!”トゥデイ”じゃなくて、”トダイ”って言ってるよ!あの人(°_°)!!!!」

と大興奮。笑

 

でも、オーナーさんは普通に良い人でした。

外国の通貨をコレクションしているらしく、日本円をインドルピーと交換してくれないか?とお願いされましたが、僕ら長期旅行なので1円も日本円持っていないんですよね~。

 

でも、オーナーさんは
「日本円を持ってないないなんてありえないだろー!」

って粘り強く頼んでくるので、
ミャンマーの余ったお札を変わりにあげました。

「お札に君の名前のサインを書いてくれ!」って懇願されたので、書きましたが日本だったら逮捕されちゃいますねー。インドだからいいんだろうけど。

 

 

 

肝心のホテルの中はまさかのエレベーター付きのホテルだったのですが、開閉扉が網格子みたいで手動で開け閉めするかなり年季の入ったものなので、今にもぶっ壊れそうで使うたびにドキドキしました。

 

ただ、部屋の方は広くて特に大きな不満はありません。

2人なのになぜかベッドが3つある部屋に通されました。

洗面所もインドにしては悪くないかな?って感じ。

 

 

 

ただ、このときは気づいていませんでした。

この部屋にシャワーがついていないことを!!!!

 

 

夜になってシャワー浴びようとしたら、シャワーがない・・・。

オーナーさんに確認すると、

「あー。うちはシャワー無い系のホテルなんだよねー。でもバケツ置いてあるから、それにお湯組んで浴びて♪

 

 

 

 

これの・・・ことかな?

 

 

今までシャワーが全くない宿に泊まったことが無かったので、これには2人でかなり驚きました。

 

でも、今回の1ヶ月のインド旅行でこのバケツ式に何度か遭遇しました。

 

何回か経験するうちに思ったんです。

弱いシャワーより、バケツ式の方が気持ちよく浴びられるな。って。

 

お湯さえでれば、バケツ式の方がじゃぶじゃぶ流して洗えるのでストレスも少ない!

これには千果さんも同意してくれました。千果さん、たくましくなったね。笑

 

 

 

インド上陸して早々にも色々と衝撃を受けてばかりですが、まだまだ序の口です!

これからもっと驚くようなカルチャーショックが待ってました!笑

次回はバンガロールの街観光をしてきまーす!

 

 

ブログランキング参加中!
「世界一周」のバナーを
1日1クリックお願いします!

週間のクリック数でランキングが変わります。
応援の程をよろしくお願いします!


にほんブログ村

 

 

バンガロール国際空港(ケンペゴウダ国際空港)でのアライバルビザについて

アライバルビザの概要

〇滞在可能日数:60日間
〇指定空港で取得可能

アライバルビザ申請に必要なもの

〇パスポート
〇書類
〇2,000ルピー(約3,000円)

※書類はその場でもらえますが、事前に公式ホームページから印刷して書くことも可能です

注意事項

〇出国チケットが必要
〇インド国内の6空港のみ(バンガロール、チェンナイ、デリー、ハイデラバード、コルカタ、ムンバイ)
〇インド国内での知り合いの名前と住所・連絡先を確認されます

※インド政府公式ホームページはこちら → 

空港から市内へのエアポートバスでの行き方

・バス名 :KIA9(ケンペゴウダバスターミナル行)
・料金  :233R(約370円)/人
・所要時間:約1時間
・乗り場 :ターミナルを出て、右斜め前の方にブルーのバスが多く停まっている所

このバスに乗るとバンガロール最大のバスターミナルであるケンペゴウダバスターミナルへ到着します。
途中下車も可です。バスターミナル付近は常時大渋滞なので、少し手前で降車するのが得策です。

チケットはバスに乗車後、現金にて支払います。

 

バンガロールの安宿・ゲストハウス(CHAITANYA)

上記で紹介した僕らの停まった宿の概要です。

 

 

ホテルの概要

・宿名:HOTEL CHAITANYA
・料金:550R(約870円)/部屋(3ベットルーム貸切)
・場所:バスターミナルから徒歩10分弱
・Wifi:無し
・備考:お湯は出るがシャワーは無い

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ブログランキング参加中!
「世界一周」のバナーを
1日1クリックお願いします!

週間のクリック数でランキングが変わります。
応援の程をよろしくお願いします!

さあ、今日は何位かな?


にほんブログ村

いつも見ていただきありがとうございます。
是非、今後も一緒に楽しんでいってください☆

 

 

スポンサーリンク

インドカテゴリの最新記事