【新着記事!】ロシア風ドーナツ”プイシュキ”のおすすめのお店2選@サンクトペテルブルク絶品グルメ

【ザンジバル島へはFlying Horseがおすすめ!】ダルエスサラームからフェリーでの行き方と予約方法と持ち物

【ザンジバル島へはFlying Horseがおすすめ!】ダルエスサラームからフェリーでの行き方と予約方法と持ち物

スポンサーリンク

 

 
こんにちは!
新婚旅行で世界一周中のだいすけです。
 

アフリカ縦断した際に”最新の移動情報”を発信してくれる方にとても助けられていたので、僕らがわかる範囲のアフリカ情報を共有していこうと思います!
次の旅行者の方のお役に立てれば幸いです。

 

リアルタイムでは南米のボリビアにいます!

リアルタイムの更新はこちら


 

ブログランキング参加中

このブログを少しでも気に入っていただけたら
「世界一周」のバナーを
「1日1クリック」お願いします!


にほんブログ村

2019年12月情報
100タンザニアシリング=4.79円

 

ダルエスサラームからザンジバル島への移動情報まとめ

 

移動情報のまとめ

 

ダルエスサラームからザンジバル島への移動方法

今回はタンザニアの大都市ダルエスサラームから国内のリゾートアイランドのザンジバル島への移動情報を紹介していきます。
 

主な移動方法

飛行機

国内線なので低価格でフライトチケットを購入できる
ダルエスサラームの治安は最悪なので予算に余裕があれば飛行機が無難
 

フェリー

2社運航しており毎日便は出ている
「AZAM Marine (アザム社)」と「Flying Horse (フライングホース社)」
 → 比較は後述します

AZAM Marine (アザム社)とFlying Horse (フライングホース社)の比較

AZAM Marine

料金・費用

・片道35US$/人
 →VIP席など高価格帯席もあり

所要時間

・約1時間半

出発時間

・07:00/09:30/12:30/16:00
 

  • Flying Horseの半分の時間で到着できる
     → 船酔いしやすい人にはよい
     → 時間が無い人にはよい
  • 一日に複数便でているので利用しやすい
  • チケット料金が高い

 

Flying Horse

料金・費用

・片道20US$/人(VIPルーム)

所要時間

・約3時間

出発時間

・12:30(1日1便のみ)
 

  • 乗船時間が長い
  • 外国人はVIPルーム席
  •  → ボロいがVIPルームなのでAC付・Wi-Fi有
     → 現地人とは別室なので船内の治安は安心

  • チケット料金が安い

 

 

【地図】チケットオフィスの場所

 

 

Check

地図ののピンは「AZAM Marine」ですが、「Flying Horse」もフェリーターミナルの目の前にあります

 

スポンサーリンク

 

Flying Horseをおすすめする理由

僕らは比較した結果「Flying Horse社」に乗船しましたのでその感想を書いていきます。
 

予約の仕方

乗船前日にフェリーターミナルまで行って予約を行いました。
チケットオフィスで乗船日を指定して購入しました。
 

Check

  • 支払いは現金のみ
     → 20US$ or 47,000シリング かを選べます
  • パスポートを提示
     → チケット予約の際に名前確認で必要でした

 

 

当日乗船するときの注意点

出発何分前に行くか?

出発30分前にフェリーターミナルのゲートに行けば大丈夫でした。

荷物運びのポーターに注意!

ゲート付近にゼッケンを着た荷物運び屋が大量にいます。
彼らに荷物を持たせるとチップを要求されるので注意です!
 → 欧米人がポーターにチップを払ったのに「少ない!もっとよこせ!」と揉めているところを目撃しました

預け荷物について

Flying Horseでは大きな荷物もVIPルームにそのまま持っていくことができました。
その方が安全だと思うので、変に預けない方がいいと思います。
 

Flying Horseのおすすめポイント

 

  • とにかく他社より料金が安い
     → 現地人はもっと格安料金だけど・・・
  • VIPルームが意外と快適
  •  → 席は年期が入っていて古いが、リクライニングシート+レッグレストがある
     → 冷房がきいているの快適
     → Wi-Fiが使える(沖だと弱くなり使えなかった)

  • 治安が良い
  •  → 観光客しかいないので安心

     → トイレは現地人の方のフロアに行く必要がある

 

 

Point

Flying HorseのVIPルームで南京虫被害に遭う方がいるようなので注意!
 → 僕らは防虫対策を行って座ったので被害には合いませんでした

 

当日の持ち物

国際的にザンジバル島とはタンザニア領土ですが、入出島時にパスポートチェックなどがあるので下記のものは必ず持っていきましょう。
 

  • パスポート
  • イエローカード(黄熱の予防接種証明書)
  • 滞在先の住所と連絡先の控え

 

 
イミグレーションカードのようなものを記入する必要があるので注意しましょう!
 

まとめ

タンザニアきってのビーチリゾートであるザンジバル島。
安全を重視といいつつも”最安の移動手段”で行きたいのがバックパッカーの本音だと思います。
 
あまり評判のよろしくない「Flying Horse」での移動でしたが、快適に安全にザンジバル島に行くことができました。
 
どちらの会社にするか悩んでいる方の参考になると幸いです。
 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。
 
 

 

 

ブログランキング参加中!
「世界一周」のバナーを
1日1クリックお願いします!

週間のクリック数でランキングが変わります。
応援の程をよろしくお願いします!

さあ、今日は何位かな?


にほんブログ村

いつも見ていただきありがとうございます。
是非、今後も一緒に楽しんでいってください☆

 

スポンサーリンク

タンザニアカテゴリの最新記事